韓国旅行|三陟のバスで乗り越す

10日目 東海→三陟→東海(後編4)

三陟市街のややはずれ。歩行者天国の入り口。


写真

(使用機材) SONY α700 + Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA (SAL1680Z)


10日目 東海→三陟→東海(後編4)

批判はさておき、やはり、だいぶ疲れたようだ。帰りのバスの中で寝てしまった。気がつくと、どこを走っているのか分からない。もしや、行き過ぎたか?キョロキョロと周囲の街並みを観察していると、運転手が

「さっき郵便局前で降りるっておっしゃいませんでしたか?」
 「そうですけど・・・もしかして、もう通り過ぎましたか?」
 「…??…この街は初めてですか?」

なに、地元の人間だと思われていたのか?(汗) 初めても何も、海外から遊びに来ただけだ。

「初めてです。」
 「ひょっとして、韓国人じゃないんですか?」

やっぱり、分かってなかったか…。

「違います(T-T)」
 「どちらから来られたんですか?」

いや、今はそんな事どうでもいいはずなんだが…(汗)

「日本ですよ。」

すると、乗客の見知らぬおばあさんまで同調して

「ああ、日本から…」

更に運転手が付け足す。

「それならそうと早く言わなきゃダメでしょ。」

まさか今まで気づいていなかったとは…(^^;。むぅ…バスに限っては、よそ者であることをあらかじめ知らせておいたほうが無難か。

「あっ、ちょうど反対車線から渓谷行きのバスが来たので、あれに乗り換えてください。あれなら直接渓谷まで行きますよ。」
 「あっ、あれですか。ありがとござぃます!」

バス停でもないところでドアを開けてもらうなり、信号も歩道も無いところをダッシュで渡って、向かい側から来たバスの前を手で遮りつつ走り抜け、慌てて渓谷行きのバスに駆け込んだ。ふぅ…助かった。・・・にしても、いつの間にやら韓国流の行動が身についてしまったようですな。



韓国語単語帳bot Facebookページ

韓国語単語帳bot on Twitter





Facebook、Twitter