韓国旅行|東海トンヘ湫岩チュアム日の出

東海(前編3)

湫岩海岸。今回のメインイベントである東海の日の出。荘厳な太陽だった。


写真

(使用機材) SONY α700 + Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA (SAL1680Z)


8日目 東海(前編3)

と・・・そのとき歴史は…ではなく、そのとき太陽は動いた(意味不明)。水平線の先から、薄い雲に光を弱められながらも赤く大きく光を放ち、姿を現した。早朝からここへ来た者たちに、韓国で最も感動的な朝日を照らしてくれる。なるほど、これは美しい風景だ――

数十秒の感動ののち、再びレリーズボタンに指を掛け、ファインダー越に太陽を見なければならないのが写真狂の悲しい習性であるが、それでも荘厳な日の出はしっかりと目に焼き付けた。

それからしばらくの時間、感動的一瞬の連続を、自分のもうひとつの目(カメラ)にも焼き付ける。太陽が水平線からかなり遠くなってきたので撮影を切り上げ、帰り道、朝日に輝く海から突出している岩に、鳥が数羽止まっているのを見つけた。逆光だったので、何の鳥かは分からない。太陽光の水面反射が鳥に重なる位置を狙ってみた。幸いなことに、最高のポイントに誰もいない。

悠々とシャキシャキシャキィ!・・・と連写音を立てて撮影していると、デジカメを持った人がすぐ傍にやってきてカメラを構える。こちらはその間もファインダーを覗いているのだが、それでも隙間から視界に入る。日本であれば普通はこの距離まで近づかないのだが。

そう言えば、友達同士で会話する場合、日本人二人の平均距離は90cm、韓国人と韓国人だと60cmなのだそうだ。上記のデジカメの持ち主が、明らかに当方の半径60cm以内に踏み込んでいたことはさておき(^^;そういった物理的な差も、韓国人の親密さを心理的に感じる要因のひとつなのかもしれない。



韓国語単語帳bot Facebookページ

韓国語単語帳bot on Twitter





Facebook、Twitter