韓国旅行|韓国のバス事情その2

東海(後編2)

東海市内で見た夕日。この季節、黄砂の影響が酷い。


写真

(使用機材) SONY α700 + MINOLTA AF APO TELE ZOOM 100-300mm F4.5-5.6 (D)


7日目 東海(後編2)

3. 話が前後するが、春川から東海へ帰るバス。

これまた途中の江陵ターミナルで運転手が乗客に呼びかける。

「このバスは9:30発です。隣のバスの方が先に出るので乗り換えてください。」

えっ!?車両変更?マジですか?隣のバスって、明らかに既に人が乗っているのだが?座席指定で発券しているのに、乗り換えたら座れない人が出てくるのでは?・・・案の定、最後の方に乗ってきた人が立席になってしまった。韓国のバスは、一瞬たりとも油断できないのか(笑)

4. 東海ターミナルから東海駅行きのバス。

田舎町なのに、やけに渋滞してるな…と、前方を見ると、玉突き事故があった模様。救急車も駆けつける大惨事になっていた。やっぱりスピード出しすぎなんちゃうんかなぁ、韓国の車は…などと考えながら型の崩れた車両を眺めていると、渋滞を抜け出したとたん、遅れた分を取り戻そうとしたのか、猛スピードで発進した。

おい、ちょっと待てってヾ(・O・;)。この事故を教訓として、乗客の安全を守ろうという気はないのか?思わず、JR福知山線の事故が頭を過ぎった。ここでは、安全重視という概念はほぼゼロに近いようだ。

とことで、春川の奥にあるダム湖・昭陽湖。天気にも恵まれて良い写真が撮れた。たくさんの写真愛好家が来ていたので、例によってカメラウォッチングをしていたのだが、 Canon と Nikon ばかりで SONY のカメラは見かけなかった。春川のみならず、韓国に来てからまだ SONY に一度も会っていない。一体どうなっているのだ!(何が?^^;)



韓国語単語帳bot Facebookページ

韓国語単語帳bot on Twitter





Facebook、Twitter