韓国旅行|春川・タッカルビを食べる

春川(3)

タッカルビ屋さんはどこも黄色をメインとした配色が基本なのだが、ここはあえて緑を使っている。若干繁盛している模様。


写真

(使用機材) SONY α700 + Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA (SAL1680Z)


7日目 東海(前編4)

「まだ撮影が終わっていないので、後で戻ってきます。」

日本でこう返事をすると、相手は、あぁ断られたかな?と思うはずだが、韓国の人はどう受け取るのだろうか。

いまひとつ分からないが、一通り撮り終えてから、帰り道にその店の前へ差しかかった。やはり、入口のドアのところに、さっきの人が立っている。こちらから声を掛けるまでもなく話しかけてきた。

「たくさん撮りましたか?」

とりあえずは覚えていたようだ。こちらも、とりあえずタッカルビが食えればそれで良い。これまた流れに任せて

「ええ。ついでなので、ここで食べていきますよ。」

最強的適当選択方法で数あるタッカルビ店の中から、この店に決定した。案外、客引きも無駄ではないのかもしれない。食べながら雑談していると

「中島※20は行きましたか?『冬のソナタ』※21の撮影地の・・・」
 「3年半前に行きましたよ。」

って、今ごろ冬ソナの話かい。いつまで引っ張るつもりなのか…。冬ソナ巡りはもうお腹いっぱいなので、昭陽湖に行ってみることにした。再度、春川バスターミナルに戻る。バスターミナルと言えば、ここも少し様子が変わった。 E-Mart というショッピングモールが出来ていた。春川もソウルも釜山も、人が生活しているからには常に変わっていくものだが、時々帰る家を失ったような感覚になることがある。もちろん、決して"良い・悪い"の話ではない。


※20 中島(チュンド)…春川湖に浮かぶ小さな島。『冬のソナタ』の撮影地のひとつだが、ドラマの中の美しい映像に憧れて遠路はるばる訪れると、ドラマと現実とのギャップにがっかりする可能性も否定できない。
※21 冬のソナタ…日本で韓流・いわゆるヨン様ブームを巻き起こすきっかけとなったドラマ。韓国では2002年に放送された。


韓国語単語帳bot Facebookページ

韓国語単語帳bot on Twitter





Facebook、Twitter