韓国旅行|東海(トンヘ)洞窟

東海(後編2)

韓国伝統茶のお店とは対照的な、ド派手なライトアップの洞窟。


写真

(使用機材) SONY α700 + Vario-Sonnar T* DT 16-80mm F3.5-4.5 ZA (SAL1680Z)


6日目 東海(後編2)

(前略)…という事情で・・・と婆さんに説明すると

「どこか観光してるんだろうとは思ったけど…で、今日はここに泊まるんかい?」

他に客がほとんどいない様子だったので

「もっと安くしてくれたら泊まってもいいですよ?( ̄ー ̄)ニヤリ」

ちょっと意地悪してみた。

「昨日も安くしたのに更に安くしろってか!?じゃあいくらにして欲しいんだい?」
 「2万ウォンは、どうですか?」
 「あぁ分かったよ、泊まりなさい。前払いだよ、前払い!」
 「あ、はいはい(^^;」
 「それはそうと、洞窟行ってみなさいな。」
 「洞窟?」

もう夕方なのだが?と考えていると

「天然洞窟だよ、今から行っても遅くないって。ここ出てすぐ横にあるバス停から乗れば行けるから。」

そう言って急かす。今度は夕食をそろそろと思っていたところなのだが、これまた流れに任せて洞窟へ向かった。すっかり韓国人のペースで行動してしまっている。

洞窟・鍾乳洞の類のものは日本でも何度か入っている。が、ここのは一味違う。ライトアップがオーバーなほどカラフルなのだ。同じ場所を照らすライトの色が、時々刻々変化する。普通の洞窟なら、どこから生じるのか分からない妙な不安感を覚えるのだが、今回はそういうものがない。色と光の効果は不思議なものだ。とにかく、元来の雰囲気というのはさておき、カラフルな被写体を撮るのは好きだ。無駄撃ちちゃうか?と自分で自分にツッコミたくなるほどシャッターを切った。一写入魂の精神はどこへ行ったのだろうか…。



韓国語単語帳bot Facebookページ

韓国語単語帳bot on Twitter





Facebook、Twitter